労働基準法・年次有給休暇の行使

年次有給休暇は、労働基準法で定められている仕事を
休む正当な「権利」です。


権利は、正当な範囲内であればどのように使っても、
それは自由です。


例えば、年次有給休暇を使う理由として、イベントが
ないといけないと思っている人が多いようですが、そ
れは誤りです。


日本人は、どうも権利の行使という行為が苦手のよう
に感じます。


せっかく入社後半年間勤務を続けて年次有給休暇をもら
えたのに、結局使えずに終わってしまうことが少なくな
いようです。


そもそも土日のような休日の過ごし方や、休日に仕事を
休む理由を会社に申請するでしょうか。


そんなことは、労働基準法のどこにも書かれていません。


有給休暇も、この土日の休日と基本的に同じと考えられ
ます。


仮に使う理由を会社から聞かれたとしても、答える義務
はありません。


そして、その理由がないから使うことができない、という
こともあり得ません。


年次有給休暇が「休日」である以上、いつでも連絡が取
れるようになどの業務命令を出すことはできません。


休日中の呼び出しなども含めて、それに応じなければな
らない義務はなく、また会社も従業員の同意がない限り
強制することはできません。


業務の正常な運営を妨げる場合、会社は年次有給休暇の
使う日をずらすよう命令を出すことは可能です。


有給休暇の申請の仕方に関しても、就業規則などで定め
ていますので、まずこれの確認が重要です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。