労働基準法・休日と休暇

労働基準法上の休日、休暇についてお話します。


まず、「休日」とは、予め定められている仕事をしなく
ても良い日のことを言います。


一般的には、土曜日と日曜日の場合が多いようです。


労働基準法では、会社は1週間に最低1日、もしくは
4週間に4日以上の休日を従業員に与えなければなら
ないと規定されています。


この休日に仕事を休むことに、特に申請や報告などは
不要です。


休日には法定休日と法定外休日との2種類あります。


法定休日とは、繰り返しになりますが、労働基準法で
定められている、最低限与えなければならない休日の
ことです。


労働基準法では、1週間に最低1日とあります。


現在、休日は一般的に土日に設定されていると思いま
すが、その内1日が法定休日に当たります。


土曜日でも構いませんし、日曜日と定めることも
出来ます。


法定休日に労働した場合は、休日労働に当たりますので、
割増賃金が発生します。


一方、法定外休日とは、上記のように週休2日制の場合、
法定休日ではないもう1日のことを言います。


週休2日制で土曜日を法定休日とすると日曜日が法定外
休日となります。日曜日を法定休日とすると土曜日が
法定外休日となります。


法定外休日の労働には割増賃金は発生しませんが、週6
日勤務になると大抵1週間で40時間を超えた労働にな
りますので、時間外労働の割増賃金が発生することが
多いでしょう。


その他、休める日には「休暇」というものもあります。


休暇とは、元々労働の義務のある日に従業員が申請
することで、休める日になる日のことを言います。


年次有給休暇や出産休暇、育児・介護休業などがこれ
に当たります。


休日との違いは、予め休める日と設定されているか
否か、という点です。


年次有給休暇以外の休暇を有給とするか、無給とする
かは会社が決めます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。