労働基準法・割増賃金

労働基準法上、割増賃金とは、会社が従業員に対して
時間外労働や休日労働、深夜労働をさせた場合、それ
ぞれの割増率を1時間あたりの賃金に上乗せして支払
わなければならないものをいいます。


この上乗せされる割増率は、労働基準法で全て定めら
れています。


俗に言う残業代と割増賃金とは厳密に言うと異なります。


時間外労働ではない残業(法内残業)の場合、当然その
労働時間に対して残業代が出ますが、割増賃金は支払う
必要はありません。


労働基準法では、残業代という言葉は使われていません。


まず、時間外労働とは、労働基準法にある法定労働時間
すなわち1日8時間、1週間40時間を超えて労働する
ことを言います。


この時間外労働の場合に上乗せされる割増率は、25%
以上です。


次に休日労働とは、会社の就業規則などで設定されてい
る休日に労働することを言います。


この休日労働が法定休日に当たる場合は、上乗せされる
割増率は、35%以上です。


ちなみに休日は、1週間で最低1日は設定しなければな
りません。連続7日間労働させることは違法です。


最後に深夜労働とは、当日午後10時から翌日午前5時
の時間帯に労働することを言います。


この深夜労働の場合に上乗せされる割増率は、時間外労働
と同じ25%です。


割増賃金は、「1時間あたりの賃金×対象になる時間数×
上乗せされる割増率」の計算式で計算します。


また、1時間あたりの賃金は、「1ヶ月あたりの賃金÷
1ヶ月の所定労働時間」で計算します。


1ヶ月あたりの賃金とは、基準内賃金のうち、住宅手当、
家族手当、通勤手当、別居手当、子女教育手当、臨時に
支払われる賃金、1ヶ月を超える期間ごとに支払われる
賃金を除いた賃金です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。