労働基準法・労働時間

労働時間とは、普通、会社の指揮及び命令の下で働いて
いる時間を指します。


これには休憩時間や通勤時間は含まれませんが、仕事の
準備や後片付け、研修や朝礼、ミーティングなどは労働
時間とみなされます。


この時間には労働基準法によって規定されており、休憩
時間を抜いた時間数が1日あたり8時間、1週間に40
時間までとされています。


ただし、これにはいくつかの例外があり、1週間あたり
44時間までの労働を認可されている事業所があります。


常に10人以下の労働者を使用する場合に限り、小売業・
旅館や娯楽場・福祉施設や医療機関・映画館などがこれ
にあたります。


さらに、管理監督者や農水産業をする労働者にはこの上
限が適用されません。


また、労働基準法によると、労働時間にはみなし労働時間
と裁量労働時間の2種類があるとされています。


みなし労働時間とは、出張など会社外で働いた場合に会社
の所定の勤務時間で働いたとみなすことを言います。


時間外労働については事前に時間を定めた上で適用し、労
働時間の算定が出来る場合は時間外労働分の賃金が支払わ
れます。


また、裁量労働時間とは、実際の労働時間とは関係なくあ
らかじめ決められた時間を働いたとして賃金が支払われる
制度をことを言います。


これは一見よく見えますが、勤務時間が長期化した際に元
の賃金での時給と釣り合わなくなる恐れがあるため、労働
者本人の同意が必要となります。


これらの内容については労働基準法第4章に詳細に規定さ
れています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。