労働基準法・年次有給休暇

年次有給休暇とは、労働勤務のある日に休んでも給与が
保証されている休暇のことです。


これは労働基準法によって定められた権利であり、個々
の会社で設定されている制度ではありません。


ですが、年次有給休暇は労働者なら誰もが持つ権利とい
うわけではありません。


年次有給休暇は、仕事に就き始めて6ヵ月が経ったとこ
ろで初めて貰う事ができるもので、その日数は労働期間
の長さに比例して増えていきます。


ちなみに勤務を開始した最初の年次有給休暇は10日間です。


また、初めて年次有給休暇を貰ってから1年経つごとに、
新たな年次有給休暇が発生します。


しかし、注意しなければならないことがいくつかあります。


まず、有給休暇には期限があり、貰える状態になってから
2年経過するまでに残っていた分の休暇は消滅してしまう
と労働基準法で規定されています。


もしも消滅前に有給休暇を使い切ることが出来なかった場
合には損をすることになりますね。


また、年次有給休暇を受けるためには事前に申請をする必
要があります。


これについては病欠等の際に適用されることも会社によって
は認めているようですが、必ず認めなければならないという
ものではありません。


さらに、労働基準法では年次有給休暇を労働者が請求する時
期に与えるとあります。


これに対して会社側には、事業の正常な運営を妨害するよう
な休暇の取り方をしようとした場合にこれを他の時期に移す
事が出来る権利があると労働基準法で規定されています。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。